TPP交渉参加にあたっての声明
                                              2011年11月25日
                                               労協ながの理事会

 TPP(環太平洋連携協定)は、例外を認めない関税撤廃の多国間の完全な貿易自由化交渉で
あり、わが国が歴史的に積み重ねてきた経済社会、雇用・労働、生活・文化、法制度等に極めて
多大な悪影響を及ぼすことが予想され、交渉に参加し批准することに反対を表明します。

私たち協同労働の協同組合の「競争から協同へ」「地域との協同」の理念からも到底受け入れる
事はできません。

私たちはTPPに依拠するのではなく、「協同労働」による仕事おこしを、特にFEC(フード・エネルギー・ケア)
の領域で進め、協同組合間協同や社会連帯のネットワークを広げ、持続可能な地域社会づくりに挑戦
していきます。

>>>「TPP交渉参加にあたっての声明」(全文 PDF)