企業組合労協ながの
 

7つの原則

宣言

原則

経営理念

私たちがめざすもの

組織の概況

主な事業所

今日までのあゆみ

事業紹介

ビル管理・清掃

医療・福祉サービス

弁当配食・レストラン等

施設内売店・販売

福祉・生活関連
生協事業サポート
楽鎮オステオパシースタイル

上田生協診療所売店

上田市役所売店

城南製作所売店
レストラン虹
ころぼっくるながの
宅幼老所みなせ
労協ながの
  介護支援センター

業務委託のご案内

お申し込み受付




 高齢者・障害者・失業者の仕事おこしを進め、人と地域に役立つ「よい仕事」に高めて、地域づくりに貢献することを目的に、「労協ながの」は「長野中高年雇用福祉事業団」として1980年8月に設立しました。
 1986年に中小企業等協同組合法に基づく企業組合の法人格を取得し、2004年に名称を「労協ながの」に改めました。組織の実態は労働者協同組合なので、法人格はありませんが「労働者協同組合ながの」としても活動しています。
 大量生産・大量消費・大量廃棄、利潤優先の市場至上主義のなかで、歪められた働き方や地域の状況が生まれています。私たちは、その現状を見詰め直し、人間の生命と労働が尊重される新しい働き方・生き方を創造していきます。
 そのために、人と地域に役立つ仕事を、労働者・市民が協同することでつくり出し、地域を活性化させます。「この地域に生まれてよかった」と思える地域づくりの一翼を担います。
 雇用・失業の問題解決のために、そして尊厳ある働き方、生き方を創造する日本で初めての本格的労働者協同組合として、非営利・協同セクターや社会経済を確立しながら、市民と共に地域づくり、仕事おこしに挑戦します。
 「よい仕事」とは、心豊かに働き、人と地域に役立つ仕事を行なうことで評価され、働きがいを感じるものです。地域に活力を生み出す仕事です。それは、労働者協同組合を発展させる原動力でもあります。
 組合員が主人公となり、本音の討議や学習で事業計画を立て、仕事を広げ、組合員の生活基盤を生み出します。事業展開では医療・福祉・生活へのかかわりがあるものを大切にし、「新しい福祉社会」の創造をめざします。


スローガン
 私たち労働者協同組合は、地域で暮らすために求められる仕事をおこし、協同の輪を広げ、住みよい地域をつくります。

事業ビジョン 

  人と地域に必要な仕事を協同しておこし、広げます。

 @「地域福祉事業所」をつくり、介護保険事業をはじめとする生活総合産業を広げます。
 A暮らしやまちづくりにかかわるコミュニティ・ビジネスを広げます。
 B「よい仕事」を主体的に進め、利用者から喜ばれる仕事を実現します。
 Cみんなで事業計画をつくり、必要な資金を出し合い、経営責任を持つ「全組合員経営」をすすめます。

地域づくりビジョン 

  非営利・協同のネットワークを広げ、思いやりと支え合いの地域をつくります。

 @地域に労働者協同組合を発信し、「協同労働」を広げ、利用者や地域との協同をつ
  よめます。
 A自治体との協働を進め、地域のパートナーとしてまちづくりに貢献します。

組織ビジョン 

  みんなが主人公として働き、経営し、民主的な運営をすすめます。
 
 @労働者協同組合の理念をよく学び、主体的に実践し、「協同労働」をすすめます。
 A情報の共有と民主的な話し合いで、みんなの知恵と力を合わせて運営します。















Copyright (C) 2005 roukyo NAGANO. All rights reserved.